おじゃまします!手づくり市出展者さま Vol.118「COSMOS」

つまみ細工の既成概念を吹き飛ばしてくれるような素敵な作品を作り続けていらっしゃる
COSMOSさんのお店に。いつも手づくり市で見かける着物姿で迎えてくださいました。

Q. COSMOSという屋号の由来は何ですか?

「花のコスモスと広い意味での宇宙を含めています。アルファベット表記にしたのはどこの国の人が見ても読めると思ったからです。コスモスは自分の誕生日の頃に咲く花でもあります。」

Q. つまみ細工をされるようになったきっかけを教えてください。

「書店で偶然つまみ細工の本を手に取り、その美しさに感動した事がきっかけです。創ること全般に興味があります。子供の頃は人形遊びが好きで人形の洋服を作っていました。中学生になると人形づくりに夢中になり将来は人形作家になりたいと思っていました。短大で洋裁と和裁を、専門学校でデザイン、パターン、創作を学んだ後、アパレル会社にデザイナーとして就職しましたが、一人で制作している方が向いていると思い独立を目指しました。思い立つとすぐに行動するので創作人形を習ったり雑貨店を営んだりもしてきました。

今はつまみ細工の制作が楽しくて時間をかけていますが、また人形づくりもしたいと思っています。」

Q. 素材にこだわりはありますか?

「最初は作りやすいレーヨンの一越ちりめんも使っていましたが、京都は素材について妥協されないお客様が多いように感じられたので、現在、ゴールドやシルバーは化繊ですが、それ以外は正絹を使っています。
正絹羽二重の白生地は創る作品によって厚みを変えて使用し、染色もしています。
着物生地を活かして使うこともあります。」

Q. COSMOSさんならではの特徴は何ですか?

「お客様のご希望に応えられるよう、多用途にお使いいただけるように工夫している所です。
使い方のアドバイスもさせていただいています。
作品は実際の生物をよく観察して近づけるか簡略化するか空想化するか考えて作ります。
日々進化し、感動してもらえる作品を創りたいと思っているので、挑戦を続けています。
InstagramやTwitterを見られてお客様が遠方から買いに来てくださると嬉しくて励みになります。」

Q. 写真はご自分で撮影なさっているのですか?

「オンラインストア、Instagramも全て自分で撮影しています。実物と画像の色の違いがあり上手く撮るのは難しいです。作品が映えるように白い生地をバックに撮ることが多いです。バックには、コスモスをイメージして8枚の花弁の刺繍のある白生地を使っています。拡大していただくとわかります。」

Q. 出展されているときは着物を着ておられるのですが、着物を上手に着るコツがあれば教えてください。

「着物を着る回数を増やして慣れる事でしょうか。
私は、割と自由に着る方が好きなので、習った通りではなくアレンジして楽しんでいます。今は毎日着物を着て生活しています。
組み合わせを考えてお洒落をしていると気分も上がります。帯は腰痛予防にもなって快適です。すぐに覚えていただけますし褒めていただける事が多いのでお得です。
YouTubeを見られて着物を上手に着こなす海外からのお客様もいらっしゃいます。」

Q. 手づくり市に出展されるようになったきっかけは?

「以前からずっと自分で作ったもので生計を立てたいと思っていました。 最初は住んでいた場所の近くで手づくり市に参加したいと思い、つまみ細工を作り始めたのですが、1つ目を作り終えてすぐに、これはいけるかも。と感じて参加の申し込みをしました。

百万遍さんの手づくり市は場所の決め方に最初戸惑いがあったので、いくつかのイベントを経てからの応募になったのですが、参加してみると周りの親切な出展者さんに恵まれたこともあり、出展を続けています。」

個性を大事にするなら、自分で作りながら試行を重ねる方が良いとおっしゃっていたCOSMOSさん。
好きなこと(人形づくり)をとことん追求した経験があるからこそ既成概念を破る発想ができるのかもしれないと思いました。

掲載日2022.3.13

画像